【car audio newcomer】日産 エクストレイル by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 後編

【car audio newcomer】日産 エクストレイル by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 後編

【car audio newcomer】日産 エクストレイル by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 後編 オーディオをインストールした愛車と対面して音とデザインに感動したオーナーの村上さん。 北海道のAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTが手がけたインストールに満足度も高かったという。 現在は好きな音楽のジャンルも広がりドライブの楽しみも拡大中だ。 ◆ドアデザインのインパクトと高音質の感動が一度にやってきた知人のオーディオカーに影響を受けてフロントスピーカー、ナビなどの取り付けをオーダーして、いよいよでき上がってきた愛車の納車日。 完成した愛車をはじめて見たときにオーナーは「まったく別のクルマだと思いました!」。 最初にインパクトを受けたのはドアのデザインだった。 知人のクルマを見てカスタムインストールに強い興味があった村上さんだったので、ドアの作り込みにはかなり思い入れがあったという。 アクリルとイルミを加えたデザインやビーウィズのミッドバスを取り付けたバッフル面の処理など、ノーマル状態とはまるで違うドアデザインをひと目見るなり気に入ってしまった。 さらに、運転席に座って好きな曲の再生をはじめると二度目の驚きがやってきた。 「クルマに乗り込んで曲を再生してみたところ、以前は聞こえてなかった音が聞こえてきたんです。 オーディオシステムを換えるとここまで音が変化するのかとびっくりしました」。 フロントスピーカーにはビーウィズのコンフィデンスIIIをチョイスし、ダイヤトーン・サウンドナビの内蔵アンプを使ってドライブ、さらに純正のパッシブネットワークを使うというシンプルなシステムを構築したこのクルマ、大規模なシステムを組むことなく高音質を引き出しているのも印象的だ。 「最初に聴いた瞬間からすごく満足度の高い音でした。 コンフィデンスIIIの良さはもちろんですが、取り付けや調整のレベルの高さをそのサウンドから感じました」。 ◆趣味の釣りに出かける際のドライブミュージックが進化オーナーの村上さんのオーディオ以外の趣味は釣り。 主に各地の池に出かけてヘラブナを釣ることが多いとか。 自宅から1~2時間程度の距離に釣りのポイントがあるためクルマでの移動がメイン。 今回エクストレイルにオーディオをインストールしてからは、お気に入りのポイントへと向かう道中で聴くドライブミュージックがもう一つの楽しみになっているという。 「オーディオを組んでからはドライブがすごく楽しくなりました。 ずっと乗っていたい気分にさせてくれる音なんです」。 ラゲッジは手つかずの状態で残していることから、荷物の積載性もしっかり確保した。 釣りに必要な道具類もしっかり積み込めるつつ良い音を作るのもテーマだったという。 「オーディオをインストールしてから友人達からは“すごくかっこいいね”と言われることが多いです。 これも気持ち良いですね。 音はもちろんですがデザインでアピールできたところも満足しています。 今後はラゲッジもカスタムインストールをしていきたいと思っています。 サブウーファーやイルミなども加えたカスタムを施して、リアゲートを開けたときのアピール度もすごくなることを想像するとワクワクしますね」。 ◆新しいジャンルの音楽をどんどん聞きたくなっているオーディオを組んでから大きく変わった点に、好きな音楽ジャンルが広がったことがあるという。 「以前は主にJ-POPばかり聴いていたんですが、オーディオをインストールしてからはいろんな音楽ジャンルに興味がわいてきました。 最近ではJazzも積極的に聴いています。 ドライブの間に聴く音楽ジャンルが増えて楽しみが増えました」。 オーディオのインストールをきっかけにして聴く音楽のジャンルがどんどん広がり続けているというオーナー。 気になる新ジャンルの曲はどのようにして見つけているのだろう?「ショップに来て自分のクルマの調整をしてもらってるときにチェック用に使っている曲や、デモカーで試聴用に用意されている曲をチェックしています。 気になったらすぐに“この曲は何ですか?”と聞いてすかさずCDを手に入れるようにしています。 次々と別ジャンルにチャレンジしていくのも楽しいです」。 その時にオーナーがセレクトの基準にしているのは“良い音の音楽”。 音の良いオーディオシステムで聴くとなおさら音の良さがよくわかるため、音の良い音源を常に求めているのだという。 こうして大好きな音源を増やしていくことで、ドライブ中の楽しみを増やし続けている。 「オーディオをインストールしてから音にすごく敏感になったように感じます。 今まで聞こえていなかった音や音域がわかるようになったと思います。 いろんな音を聴いていると好みの音や良い音がどんなものなのかもわかってきました、これもオーディオをインストールして良かった点です。 次のシステムアップでは低音をもっと出したいと思っています。 そのためにサブウーファーの追加などもシステムアップのメニューとして現在検討中です」。 オーディオをインストールすることで好きな音楽ジャンルが広がり、さらには音楽の聴き方さえも変わったというオーナー。 愛車に乗るたびにオーディオに魅了される日々を送っているという。 今後もますます心地良い音の追求を続けていく。

car audio newcomer! 日産 エクストレイル by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編

car audio newcomer! 日産 エクストレイル by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編

car audio newcomer! 日産 エクストレイル by AUDIO.VISUAL.SECURITY FIST 前編 知人が乗っているオーディオカーを見て&聴いたことで一気にカーオーディオに魅了された村上さん。 ナビの導入+スピーカー交換までをプランし狙い通りのサウンド&デザインを作った。 インストールをを担当したのは北海道のAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTだ。 ◆知人のクルマを見てインストールを決意ダイヤトーン・サウンドナビの高音質も体感以前はカーオーディオに特別な関心は無かったというオーナーの村上さんだったが、カーオーディオが大好きでカスタムインストールを施したクルマに乗る知人に愛車を見せてもらったのをきっかけにカーオーディオへの関心が急速に高まっていった。 「知人から“カーオーディオはすごく良いよ~”と説明されたので、そのクルマを見せてもらって聴いててみたんです。 音もすごく良いし、カスタムしてる内装もカッコ良いんです。 それを見たら、すぐに自分もカーオーディオをインストールしたくなってきました」。 その頃タイミング良くクルマを乗り換えることになって、エクストレイルを買ったのもカーオーディオを本格的にはじめるきっかけになった。 クルマの乗り換えを機に村上さんはオーディオのインストールを計画する。 そこで知人にクルマをインストールしたプロショップを紹介してもらうことにする。 こうして紹介されたのが北海道のAUDIO.VISUAL.SECURITY FISTだった。 初のプロショップだったが、カーオーディオへの興味が急速に強くなっていたオーナーは、ショップスタッフにいろいろな質問をする。 来店直後からオーディオ基礎やシステム、各ユニットの傾向など、オーディオの話題は尽きなかったという。 さまざまなオーディオシステムアップの話の中からまずは高音質なカーナビを導入することを決める。 候補に上がったのはダイヤトーン・サウンドナビだった。 「ダイヤトーン・サウンドナビは実際に試聴してみると、今まで自分のクルマでは聞こえなかった音が聞こえてきたんです。 “愛車をこんなサウンドにしたい!”と純粋に思った瞬間でした」。 こうしてオーディオのインストールが開始した。 ◆ナビとスピーカーに絞り込んで一切の妥協なしにユニット選びを実施ナビをダイヤトーン・サウンドナビに交換することは固まったのだが、プロショップでのシステムアップの相談はまだ続いた。 もちろん予算を考えたシステム組みが大前提なのだが、その中でどこまでできるのかをいろいろ模索したという。 「限られた予算の中でできることを考えてもらったんです。 そこで出てきたのがスピーカー交換でした」。 いろいろなスピーカーを試聴する中からチョイスしたのはビーウィズのコンフィデンスIII。 ダイヤトーン・サウンドナビの内蔵アンプを使って、コンフィデンスIIIのパッシブネットワークを介してスピーカーを駆動するシンプルなシステムを作ることを決定した。 「ラゲッジのインストールもしたかったんですが、そこまでの予算がなかったので、一気に組むことは難しいと考えました。 ここは後にとっておいてまずはフロントを仕上げることにしました」。 とは言っても、ハイエンドなスピーカーであるコンフィデンスIIIのチョイスは譲れなかったという。 「フロントスピーカーは妥協はしたくありませんでした。 そこでスピーカーを内蔵アンプ+パッシブで鳴らすシステムに落ち着いたんです。 まずはここからがスタートですね」。 ナビとスピーカーを決定したオーナー、チョイスした両ユニットは音の良さはもちろんだが、自分のフィーリングに合った音だったこと、そして“日本ブランド”にこだわったためだという。 「ダイヤトーンのナビ、スピーカーはビーウィズと、いずれも日本のブランドでまとめたかったんです。 それとサウンド面だけではなく、偏心コーンのデザインもすごく気に入ったのも決め手のひとつでした」。 ナビやスピーカーに妥協することなく自分が納得するユニットを組み込みつつ、予算に合わせたシンプルなシステムを完成させたのがオーナーならではの手法だ。 ◆音質面に加えてデザインのレベルを高めるアウターバッフルは外せないメニューだったダイヤトーン・サウンドナビの内蔵アンプを使い、パッシブネットワークを介してコンフィデンスIIIを鳴らすというシステムを採用したオーナー。 シンプルシステムながら高音質を引き出すためには取り付け面には十分に手を加えることにした。 「ドアのカスタムインストールも譲れ無いポイントでした。 アウターバッフル化することでサウンドの良さはもちろん、デザイン面でもインパクトを出したかったんです」。 カーオーディオの楽しさを教えてくれた知人が、カスタムインストールを施していたことも影響していたという。 今回はナビとスピーカー交換という最小限のシステム変更だったが、そこにカスタムインストールを加えるとしたらドアのアウターバッフルとAピラーへのトゥイーター埋め込みだった。 このメニューだけは絶対に外せないと考えていたのだった。 さらにイルミを使ってユニット周辺を光らせたいというオーダーも加え、今回のデザインができ上がる。 その他のデザインはインストーラーにお任せだったというが、その仕上がりにオーナーも大満足。 「かっこ良く仕上げてもらってすごく満足しています。 知人のクルマのインストールを見ていて影響されたのもあってオーディオ取り付けのデザインにはこだわっていたので、ドアとピラーの加工は特に気に入っています」。